エロフラブログ!エロフラッシュ集

エロフラッシュとか同人エロゲーム、エロUnity(エロユニ)、無料エロアニメなどの二次元を紹介!

フラッシュをローカルで表示する方法とフラッシュのこれから

現在簡単にフラッシュを表示する方法としては、
パソコンの日付を2021/1/12より前にすると、
フラッシュを表示させる事ができます。

ただこの方法はWindowsUpdate等でフラッシュプレイヤーを削除されてしまうと、
フラッシュが表示されなくなります。

なので上記でフラッシュが表示されなくなってしまった場合は、
アドビが提供しているFlash Player projectorを使用します。
下の「Download the Flash Player projector」の方です。
アドビプレイヤー
ダウンロードしてきた「flashplayer_32_sa.exe」は実行ファイルではなく、
これ自体をダブルクリックで起動させるとフラッシュプレイヤーとなっています。

swfファイルについてはFlash Masterみたいなプラグインを使ってアドレスを出す事ができます。

また地道な作業になりますがフラッシュがあるページから右クリックでメニューを出し、
「ページソースの表示」からソースを見て「Ctrl+F」で検索窓を出したら「swf」で検索をし、
そこからswfファイルらしきものを見つけたら右クリックでアドレスをコピー。
ソース

先ほどダウンロードしてきたプレイヤーを起動させて、
ファイル→開くから先ほどコピーしたアドレスを貼り付けて「OK」を押すと、
フラッシュを表示する事ができます。
ファイルを開く
フラッシュ
参照:Princess Pipe Trapped
swfファイル:https://h-flash.com/data/swf/2020/05/Creambee_-_PPT_V-Heart.swf

swfファイルをダウンロードした場合は参照からファイルを指定するか、
swfファイルを直接プレイヤーにドラッグ&ドロップで表示する事ができます。

ちなみにhttps://h-flash.com/だったらフラッシュが表示されている下にある、
「Download」をクリックすると簡単にダウンロードする事ができるので楽です。
フラッシュ自体が別窓で開かれる場合は右クリック保存で。

保存してローカルで再生する分にはまだ少し安全だとは思いますが、
公式のサポートは終わっているので使用する場合は自己責任でお願い致します。

これからのフラッシュ

ここからは未来のフラッシュのお話で、現在海外ではRuffleというものが開発されています。
簡単に説明するとフラッシュのエミュレーターです。

現状では全てのフラッシュには対応していませんが、
導入する事である程度のフラッシュを見る事ができます。
導入はこちらのRuffleとは (ラッフルとは) [単語記事] – ニコニコ大百科が参考になります。

https://h-flash.com/でもフラッシュ表示の下にある「run by Ruffle」の黄色いボタンをクリックすると、
Google Chromeのみですが一部のフラッシュを再生させる事ができます。

またフラッシュ作者様やフラッシュが好きな方は【Flash作者様へ】Flashの希望と未来【Ruffle】
この記事に目を通していただき、色々な人にこの事を知っていただきたいです。